年代や性別で違ってくる髪型を変えるタイミング

皆さんはどんな時に髪型を変えたくなりますか。
髪型を随分と変えていないという方もいれば、ロングからショートにしたり、ずっとショートだったのを今は伸ばしているとか、パーマをかけてみたという方もいます。今まではワンレングスだったのが前髪をおろしてみただけでも、髪型は大きく違って見えます。

また、男性の中には髪型を変えるというよりは変えざるを得ない状況になっている方もいるかもしれません。おでこの辺りから髪がなくなってきて、いっそのことスキンヘッドにしようなんて方がたまにいらっしゃいます。中には他人に知られないよう、カツラを使って髪型を変えたなんて人もいます。

若い頃は好きな人ができたから可愛く見られたいとかカッコよく見られたい、またはお洒落やイメチェンのために髪型をガラリと変えたり、いつものアレンジを変えたりしましたよね。
ですがお洒落や楽しみで変えるだけでなく、歳を重ねてくると必要性を感じて変えざるを得なかったりしてきます。髪型を変えるタイミングというのは自分の気持ちや置かれた状況だけでなく、年代や性別によっても違うよと思いす。

子供の頃は季節によって親に無理に髪型を変えられた経験がありませんか。冬は伸ばしてもいいけれど、夏は暑いから短くしなさいと無理やり近所の床屋さんに連れて行かれたなんて方もいると思います。
確かに季節というのも髪型を変えるポイントの1つです。大人になってからは髪の長さだけでなく、カラーリングの色も季節によって変えることがあります。冬は暖色系で温かなイメージにしたり、秋は紅葉のようなワインレッド系、春は桜のイメージ、夏はひまわりのような派手な色にしたりといった感じです。

また年代でいくと最近は個性的な髪型の人や、自分は自分で似合う髪型を探す人がほとんどな感じがしますが、かつては流行の髪型というのがありました。男性なら軽いパンチパーマがブームだった時代や長髪が流行った時代もあります。
女性の場合はアイドルやトレンド女優の髪型を真似て髪型を変える人がけっこういました。懐かしの聖子ちゃんカットや明菜ちゃんカット、キョンキョンのようなショートカット、内田有紀さんのボーイッシュなショートカットが流行った時代もあります。紀香ヘアといって後ろを少し伸ばしたウルフっぽい髪型が流行った時代もありました。

今はあまりアイドルやタレントさんの髪型と同じにしてくださいとオーダーする人は減っている気がします。ヘアカタログが充実しているので、そこから選ぶ人の方が多いでしょう。
女性の髪形は流行に左右されやすい印象がありますが、男性の髪型はどうでしょうか?
髪型を自由にできない職場や就活などで、泣く泣く短髪にしている男性は少なくありません。
女性に人気の福山雅治や木村拓哉のような髪型にしたい、そんなときはファッションのための男性用カツラが活躍します。
現代のカツラは品質も良く自然になじむので、年配の方だけではなくファッションに敏感な世代の男性にも需要があります。
ビジネス用と、プライベート用で髪型を変えるのは身だしなみですから、カツラでイメージチェンジしてみませんか?